CHECK

賢いオフィス移転で必要なコストを節約

賢いオフィス移転で必要なコストを節約

オフィス移転のコストは、意外とかかるために高額になりがちです。
少しでもコストを節約するなら、活用したいのはフリーレントです。
オフィス移転では、現在と転居先の2箇所のオフィスを同時に借りなければいけません。
しかし同時に借りることで賃料を二重に支払う期間が生じてしまい、負担が増えてしまいます。
ですがフリーレントのオフィスを選ぶことで、二重支払いを回避することが可能です。
もしフリーレントをしていない場合も、オーナーと交渉してみるのがおすすめです。
また仲介手数料も交渉次第では、値下げすることもできます。
最初から交渉できないイメージを持っているとそのまま契約しがちですが、諦めずに話をしてみましょう。
オフィス移転をして退去するときに発生する原状回復費用も、知り合いの業者に依頼するとオーナーに交渉すれば、安く抑えられる可能性があります。
オフィス移転のコストを節約するためには、上手に交渉することが鍵になります。

オフィス移転で居抜き物件を利用するとメリットとデメリット

企業は継続的に利益を出さなければ運営が難しくなるという仕組みがあり、収入面だけでは対応が難しい場合には支出を抑制することを考えます。
この支出の抑制で広く行われているのがリストラであり、これは企業の支出の中でも大きな割合になっている人件費を削減できるので行いやすくなっていますが、他にも多くの分野で出費を抑える努力を行っています。
オフィス移転は本来であれば従前の施設を使えばいいので省くことができますが、業務の遂行のために作業効率を高めたり、以前の場所では集客力が弱いといった理由から行われます。
ところがオフィス移転には多額の費用を必要とするので、その費用を軽減する意味から以前は別の用途で使われていた建物を居抜き物件で使うところが増えています。
そのメリットは新規で建築しないので建設費がかからなかったり、賃貸物件では家賃が安くなるという点です。
ただし、既存の建物をそのまま使えば使いにくかったり邪魔になる部分もあり、作業効率の低下を招くといったデメリットがあるでしょう。
居抜き物件は上手に活用できればお買い得な物件になりますが、使い方を間違うと新たな移転先を考えなければいけない事態を招く可能性もあります。
そのため使うのであれば、事前にレイアウトを作成したり専門家の意見を考慮するなど対策を行うことが大切です。

オフィス移転に関する情報サイト
オフィス移転の豆知識

このサイトでは、オフィス移転を計画するときに知っておきたい豆知識を紹介しています。
いざ移転してしまってから後悔したりしてしまわないように、事前に準備等をしておくことが大切です。
まず最初に考えたいのが、どうして移転したいのかという理由をはっきりさせることです。
理由がなければ、新しいビルやレイアウトを的確に考えることができません。
移転後に働きやすい空間にするため、新しいビルやレイアウトを決める前にしっかり考えることが大切です。

Search

会社経営の傍ら不動産や引っ越しに関する記事を多数執筆しています。

Search